アトピーに効くビワの葉でエキスを作ってみるの巻

アトピーに効くビワの葉でエキスを作ってみるました。

ビワの葉にいろいろな効能があるのは有名ですね。

日本では最も古い民間療法の1つですからね。

そこで先日作った、月桃の葉エキスの様にビワの葉エキスを作ってみようと思います。

みっちょんパパです。

応援してね~↓
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村



今回は月桃の時には使わなかったアルコールを使った成分抽出方法で・・

ビワ葉エキスは温湿布が有効性が高いようです。

洗面ボウルにお湯にエキスを入れ、タオルに浸し患部に当てます。

タオルが冷めてきたら、再度暖かくを繰り返す。

個人的にはビワの葉化粧水を作ろうと調べていくうちに、ビワの葉に含まれている成分で気になったのが、アミグダリンです。
   
スポンサードリンク







それはアンズや桃、そしてビワなど種子、葉などに含まれていて、これがビタミンB17と呼ばれていたようですが、現在はこの名称(ビタミンB17)は否定されているようです。


アミグダリン(ビタミンB17)を有名にしたのがガンへの治癒力が高いという話題です。

しかし、アメリカ国立がん研究所では何の効果も無いと結論づけられたそうでし、過剰摂取は青酸中毒となった事例も報告されている様で、現在アメリカではアミグダリンの販売は禁止されています。

話が飛んでしまいましたが、早速ビワの葉エキスづくりに掛かってみましょうか・・

準備する物と作業順は以下の通りです。

うちで準備したのは、ビワの葉、(古めの大きい葉)・アルコール35度以上(ホワイトリカー)・果実酒を入れておく容器1L・(100円ショップ)物でOK。
20171210162443191.jpg
作業手順
① ビワの鉢植え2本より、2年物の大きく深緑の葉を取る。
② 取った葉を洗います。
③ 外で乾かす。(2~3日)
④ 乾燥した葉を2~3cmにカット。
⑤ 麦茶又はだしパックに入れる。無ければカット葉をそのまま保存容器へ
⑥ 1L容器にアルコール35度(ホワイトリカー)500mlとカットしたビワの葉100gを入れて振る。
⑦ ビワの葉が混ざってエキスが出やすくするために1日数回、気が付いたら振る。(笑)
⑧ 夏場2ヶ月、冬場は4ヶ月で完成。
⑨ カット葉をパックに入れて無い場合はザルを置いてエキスを保存する容器に葉が入らないる様に移す。
⑩ ザルに残された葉は網ネットに入れて、パックも入浴剤として利用する。
⑪ エキスはパッチテストをして、反応を診てから水で薄めて各用途に使う。

それでは作業の画像付けながら説明します。

① ビワの葉を見定めます。上の方は新芽で黄緑で葉が若い感じがすぐに分かります。
チョット下の方に大きくて深緑の葉が茂ってますね。
20171210162510975.jpg
② 葉を1枚1枚、水洗いしまいた。葉の裏には虫の卵が付いている場合がありますので、この時にチェックします。
20171210162534161.jpg
③ 新聞紙の上に乗せて、乾かしてます。
20171210162622121.jpg
④ 1日経過、半乾燥した葉をカット。早めにカットした方が乾燥まではやいですね。
20171210161631316.jpg
⑤ 麦茶パック・だしパックに入れる。(うちでは直接カットした葉を容器に入れました。)
20171210162650871.jpg
⑥ 容器にホワイトリカー900ml・カットビワの葉100g(とりあえず、お試しの為、1L容器にしてあります)
20171210161712885.jpg
⑦ まめに容器を振って、中を混ぜる。

⑧ 3ヶ月後位には完成。

⑨ ビワの葉入りパックはお風呂へ(入浴剤として利用)

完成したビワの葉エキスはアトピー性皮膚炎に効く様ですが、うちではニキビ・肌荒れ・切り傷・やけど・育毛・滋養強壮に活用します。

ビワの種に関しては農林水産省から以下の発表がありましたので記載しておきます。

ビワ、アンズ、ウメ、モモ、スモモ、オウトウ(サクランボ)などのバラ科植物の種子や未熟な果実の部分には、アミグダリンやプルナシンという青酸を含む天然の有害物質(総称して、「シアン化合物」と言います。)が多く含まれています。

一方で、熟した果肉に含まれるシアン化合物はごくわずかです。

果実を未熟な状態で食べてしまったり、果実を種子ごと食べてしまったりすることは稀(まれ)ですので、通常、果実を食べることによる健康影響は無視できます。

しかし、種子を乾燥して粉末に加工などした食品の場合は、シアン化合物を一度に大量に食べてしまう危険性が高まります。

高濃度のシアン化合物が検出されて回収が行われているビワの種子粉末食品のうち、特に濃度が高いものでは、小さじ1杯程度の摂取量でも、健康に悪影響がないとされる量を超えて青酸を摂取してしまう可能性があります。

ちなみに、青梅は、熟していないのでシアン化合物が高濃度に含まれていることが知られており、そのままでは食べるのに適していませんが、梅干しや梅酒、梅漬けに加工をすることにより、シアン化合物が分解し、大幅に減少することが知られています。


種子を単純に乾燥・粉末にしたような食品では、シアン化合物はほとんど分解せずに残っている可能性があります。

農林水産省のホームページ↓
http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/foodpoisoning/naturaltoxin/loquat_kernels.html

以上、お気を付け下さい。
   
   
スポンサードリンク











posted by みっちょんパパ at 17:29Comment(0)趣味

今までで1番のオススメは簡単便利なレモンの鉢植え。熱帯果樹はオススメしません。

今までで1番のオススメは簡単便利なレモン鉢植え

熱帯果樹栽培はオススメしません

鉢植え栽培を始めてまだ15年程でしょうか。

初めは蘭の世界に引き込まれました。

パフィオやファレノプシスを大切に育てていました。

カトレアは高価なものが多かったので、ミニカトレアを主に集めていました。

みっちょんパパです。 
応援してね↓
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村
胡蝶蘭(ファレノプシス)の原種でシレリアナが好きで、フィリピンの原生地を周ったり、フィリピンの植物園や蘭園へ行って仕入れたりしました。

千葉に貸温室を借りて、輸入したシレリアナを育てたりしてました。

それから時が経ち、興味が蘭から果樹へ、保有する蘭は減り・・

今は美味しい果実を食べてみたいが為に熱帯果樹の育成がメインになっています。

趣味の熱帯果樹栽培は大きく成長するのに鉢植えで抑えるのと、温度管理が大変なので本当はオススメしません

今は意地になって育てていますが、年間の経費を考えると食べたいフルーツを購入して食べた方がどれだけ安上がりか・・(笑)

身もふたもありません。
   
スポンサードリンク








特にうちはママがフィリピン人なので、時期にもよりますが帰省すれば、色んな熱帯果実が食べられます。

ココナッツやバナナ・マンゴー・パイナップル・パパイヤなどは庭にあったり、近所の路上で売っていたりします。

もちろん、ショッピングモールへ行けばドリアンやジャックフルーツの様な果実も手に入ります。



何故か自分の手で作ってみたくなり・・

無理を承知で子育てと共に挑戦中です。

今はネットで熱帯果樹の育て方も調べられるので便利な時代ですね。

種や小苗からの栽培で越冬失敗等で亡くなってしまった果樹もありますが、その中で育てやすさ、実が付いてくれる早さ、果実の利用性でなどを考えますと・・

今年の1番オススメレモンです。

苗からの購入が特にオススメですね。

種から育てると結実までに7~8年掛かるのではないでしょうか?

私はヤフオクでレモン(3年物位)を3鉢、購入しました。

途中、学校での授業でのアゲハ蝶の観察の為、1鉢(丁度アゲハの産卵直後のもの)を小学校へ提供。

この1鉢はお亡くなりになりました。

購入から3年位で1鉢に付、1~2個ほど実を付けるようになり、今年は3~6個。

このレモンの利用価値があるため1番オススメにしました。

枝に付けたまま黄色くなるまで保存でき、まだ青い実でも充分にレモン味。

良く利用するのはジャムを作る時に煮込み終わりにレモン汁をたっぷり掛けるのに使ってますよ。

ベリー類・ルバーブもそうですがいつでも売っているグリーンキウイなら週一で新鮮なジャムをすぐに作ることができます。


うちでは7号鉢程なので10号鉢にすればもっと大きな樹になり、結実数も格段に増えると思います。

我流の育て方ですが・・

先に土を作って置きました。苦土石灰と果実用土と腐葉土・小赤玉土を適量、鶏糞の肥料も一握りほど入れて混ぜて1週間放置。

鉢底には大赤玉を敷いて、上記の土を半分ほど入れ、レモン苗の根をほぐして真ん中へ。

残りの土を入れながら整えます。

レモンですが小苗のうちは特に寒さに弱いので、購入した年の越冬は室内がいいですよ。

うちでは今はベランダ放置です。

比較的肥料食いなので、発酵油粕や液体肥料は事前に準備しておいた方がいいですね。


オススメ1番の理由は無農薬のレモンが手に入るのが何よりの魅力ですよね、ただアゲハ系の蝶が必ずやってきますので、特に春以降は葉の裏をチェックして卵や産まれたてのまだ黒い幼虫のうちに処分しましょう。

まめに葉の裏表をチェックしながら水を掛けてあげると、アブラムシやコナジラミを予防できます。

そんな手間が掛かるので鉢植え にしたレモン1番オススメです。
   
スポンサードリンク









posted by みっちょんパパ at 18:50Comment(0)趣味

月桃の葉エキスを作ったよ。月桃の匂いが嫌いな方にはオススメしません。

月桃の葉エキスを作ったよ。月桃の匂いが嫌いな方にはオススメしません。


今日もヤマハで個人レッスン。日曜日はエレクトーンの発表会。

オリジナル曲を作るって大変だよね。

今度で3曲目だっけ?

学校の宿題・塾の宿題・パパからの宿題をこなしながら・・頑張ってるよね。

昨日もヤマハへ、そして今日が最終レッスンだね。

日曜日は本番だ。

みっちょんパパです。
ポチッと応援して下さい。↓
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村


そういえばHIPHOPダンスをやりたいって?

どうしてもっていうなら・・

ダンススクールを見学に行って見る?

隣の駅でキッズダンスコースがある教室を見つけたんだ。

日曜日のヤマハJOCが終わったらね。

ダンスがうまくなってかっこいい美幸がみれるかな~(爆)

そういえば、月桃の葉を煮出してエキスを作ってみたよ。

100円ショップで化粧水容器を買い。

ドラックストアでグリセリン(500円位)も買ったし・・。

今回はこんな感じで作ってみた。

月桃の葉を2~3cmにカット。20171201113408945.jpg

ナベに350mlの水を入れ、カットした葉を入れて中火で煮る。

煮えてきたらフタをして弱火。

15~20分。

その間、何度か火を止めて、ナベをゆすって葉がくっついて焦げない様にする。
20171201113425419.jpg
月桃の香りが部屋中に充満する為、月桃の葉の匂いが嫌いな方にはオススメしません。

出来上がったエキス

容器に移したら150ml程。

月桃エキスは薄めて植木の防虫用に効き目を試したいのでガーデニング用スプレーに入れました。

室内の熱帯果樹への防虫スプレーとして使います。

残り約125ml。

これにグリセリンを少々。
20171201113446004.jpg
美幸にパッチテストしてもらい・・

肌に異変がないのを確認しました。

ようし!

昨晩はお風呂上りに手作り月桃化粧水を試してみました。


美幸月桃の葉の匂いが嫌いではないようです。

蜂蜜の様なニオイと言っていたので・・。

たっぷり、天然月桃化粧水をどうぞ!

美幸はそこそこ手作り物が好きな様ですね。

自分で洋裁したり、夕飯のおかずを作ったり。

実験としては洗濯のりとコンタクト洗浄液・絵具か何かを混ぜてスライムを作ってましたから・・(笑)

私が自作したものは美幸が試してくれます。

今回の手作り月桃化粧水美幸の感想は・・

最初はしっとり、あとはすぐにサラサラと申しておりました。

グリセリンをもう少し入れてあげれば、しっとり感がますのかな?

防腐剤などが入ってないから、毎回たっぷり使って2~3日で使いきってね~。


さてさて、つぎはビワから取ったエキスで実験だよ~ん。(笑)

ちょうどこの時期のビワの葉は栄養が乗っている様なので・・。
   
スポンサードリンク








posted by みっちょんパパ at 23:14Comment(0)趣味

セイヨウニンジンボクの種からのエキス。ハーブティーですね。育毛に効く?

セイヨウニンジンボクからのエキスを頂く、ハーブティーですね。

栽培スペースで8本程ある西洋人参木

夏に青紫色の小さな房状の花を付けて秋まで次々に咲いてくれる落葉性樹木です。
20171222110034818.jpg
鉢植えでも庭植えでも花をたくさん付けてくれます。

そして、この木自体が独特の漢方薬ぽい香りがします。

種でも挿し木でもかんたんに殖やせます。

みっちょんパパです。
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村
女性に有用(母乳の出が良くなる・女性ホルモンの安定化等々)な成分が入っているハーブティーセイヨウニンジンボクを使って飲めます。

今年の秋に収穫して、干しておいたで作ってみますが、男の私がこのハーブティーを1杯のんだところで影響はないと思いますが・・。

私的には男の私にもある女性ホルモンの影響で育毛に良い影響があるのではないか?

なんちゃって!と秘かに思っています。

そして、わたしと同じ世代50代の男性も持っているあるのイライラを和らげてくれるのか?

っていうのがテーマですね。(笑)

ホントは1回位、セイヨウニンジンボクハーブティーを試したいだけなんですが・・。

大量に飲むつもりは毛頭ありませんが、影響があるのかないのか分かる(自覚する)まで
にどのくらい飲まないといけないのかな?

だとすると、1日3杯を2~3ヶ月続けないといけませんよね。

とりあえず、初めてなので1回飲んでみましょう。

まぁ、話のネタとしてですね。(笑)



それでは、秋に収穫して防虫ネットに入れておいた西洋ニンジン木の種が付いた状態の穂を取り出し、小さなカゴにティシュを引いてを採る作業をしておきました。
20171222110132740.jpg
後日、100円ショップで購入したミニすり鉢とすり棒。
20171222110146897.jpg
便利ですね、こんなものまで100円ショップにあるんですね。

これで10g程のをすり鉢で軽くすります。
20171222110155601.jpg
の硬い部分が割れて、中の成分が出やすくするためですね。

すり鉢が小さいので(笑)

何回かに分けてすりました。

が飛ぶ飛ぶ。

軽く、こすり合わせる感じでやめておきました。
20171222110231363.jpg
今回は10gをすって、内5gを麦茶用のティーパックに入れました。
20171222110207944.jpg
時間がある時に一気にすり鉢でを削って、5gづつティーパックに入れて、タッパーにでも入れて保存しておけばいいかな。


熱めのお湯を500mlとたっぷりと注いで・・
20171222110247867.jpg
10分間。

やっぱり、ティーパックに入れておくと、カスが湯呑茶碗に入らないで良いですね。

さてさて、お味の方は・・

スーとしてスッキリな味ですね。

口の中に入れた瞬間には軽い、清涼感があります。

これなら飲めそうですね。

苦味もそれほど感じませんでした。

まぁ、男の私向きではないハーブティーなんでしょうけどね。

育毛に効果がありますように・・!

   
スポンサードリンク









posted by みっちょんパパ at 07:47Comment(0)趣味

クコ・ビワ・月桃のエキスを取って、天然素材の効き目を確かめた~い!

クコビワ月桃エキスを取って、それぞれ効き目を確かめた~い!

室内ではミニカトレアが咲いて、次はパフィオが開花です。

鴨川の貸温室から持って帰った洋蘭が咲きはじめました。
20171127072114748.jpg
ここ数年、熱帯果樹を育てるのに時間を取られてしまい、洋ランたちの世話は蘭園さんに任せたままでした。

みっちょんパパです。

にほんブログ村
今回、お気に入りの洋蘭を数鉢、持ち帰ったのですが早速開花を迎えましたね。

冬を迎えて洋蘭が咲き始めると、来年の世界らん展はどんな花が大賞をとるのかな~などと考えてしまいます。


日曜日、栽培スペースでの越冬準備やら、NHKの『わろてんか』の取りだめを見たり・アマゾンで美幸の発表会で使うドレスを買ったりと少しゆっくりとした1日でした。

今日、準備を進めたのは3種類(クコ月桃ビワ)からそれぞれの良いとこ取りの製品を自作する為です。

まずはクコ酒作り。

スーパーフードですからね。

滋養強壮で有名ですよね。

老化防止・免疫力を高めるというβカロチンが豊富です。

最後のクコの実の収穫を終わらせクコ酒を作るために必要なホワイトリカーを買ってきました。

ただクコの実の収穫量が少ないのでコップ1杯分でしょうか?(笑)


健康の為に実験です。

そして、月桃の葉の収穫。

これは前回の月桃茶とは別に月桃の葉で化粧水を作ります。

月桃化粧水の作り方ですが調べてみると何通りかある様なので、一番作りやすい方法を探してみます。

そして3番目はビワの葉を使ってそのエキスを取ってみたい。

ビワにもたくさんの効能があるんですよね。

今日は葉の収穫はせずにビワの葉エキスのお勉強をしていました。

比較的女性に有効な成分が多いようで、これも美幸の好きな天然素材の化粧水作りに利用できそうですね。(笑)

来年は日本蜜蜂を捕獲して甘い蜜と蜜ろうを頂きたいですね。

蜜ろうを使ってハンドクリームやリップクリームを作ってみたいですね。

身の周りのもが天然素材の手作りで出来ているって、なんだか幸せな気分になれそうです。

まぁ、言うは易しなんでしょうがね・・・。

実際、自分で新しいものを作るのって大変ですよね。

何回も失敗を繰り返しながら、新しい発見があったりするんでしょうね。

なんだか健康お宅みたいになりそうだな~。

まぁ、こんだけ高血圧じゃ~しょうがないか。

さて、美幸の方はいよいよ来週の日曜日はヤマハの発表会だね。

ドレスは来週の火曜日に届くから。

発表会のあとは学校の持久走大会。

そして又、2月に発表会だよね。

なんかやけに発表会が多いよね。

最近はHIP・HOPダンスを習いたいらしい。

一生懸命、踊る真似をしてるけど結構笑っちゃう。

うちの近所にヒップホップダンスを教えてくれるとこあったかな?
   
スポンサードリンク















posted by みっちょんパパ at 07:20Comment(0)趣味