子供にやる気スイッチを入れるには。できる子は「遊びの質」が優れている の巻

ちょうど、うちの子供達くらいの親の悩み・・。

小学校低学年から高学年、そして中学生へ・・。

周囲に受験する子も増える中で、わが子の成績や先々の進路がまったく気にならない親はいないですよね。

どうすれば少しでもいい点が取れ、より上位の学校に進学できるのか。
20191019114537304.jpg
そもそも子どもにやる気を起こさせるには?

みっちょんパパです。
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村
私たち親にしてみれば、誰しもが考えちゃいますよね。

役に立ちそうな記事がありましたので・・。

約25年にわたり学習塾を運営し、3000人以上の子ども を指導、
成績向上に導いてきた石田勝紀氏は「心・体・頭のしつけ」
をすることが重要と語ります。


石田先生の元に寄せられた親たちのお悩みに答えつつ、ぐんぐん伸びる子への育て方について考えてみましょう。

【親からの質問】
現在、小学校2年と5年の男の子を持つ母親です。2人とも男の子ということもあり、外で遊ぶことが好きです。

特に下の子は生き物が好きで、友だちとよく公園に行っています。今日はトカゲを捕まえたとか、秘密基地を作ったとか、楽しそうに話をしてくれます。

わが家はデジタルのゲーム機を持たせていません。

友だちと遊ぶときに、そのようなゲームを貸してもらってやるのはよいことにしていますが、自宅には機器がないため、2人とも球技や、公園での遊びが中心です。

そこでご相談なのですが、日々このような遊びをしていて、ゲームの話に学校でついていけなくなることはないのでしょうか。

今のところ子どもたちは強い不満は言っていませんが、親の方針のせいで学校での友人関係に支障があってもいけないと気になります。

また、2人とも習い事はしていますが、いわゆるお勉強のための塾へは行っていませんが、いつか勉強についていけなくなったりするのではないかと心配しています(中学受験は考えていません)。

わが家はこれが正しいという方針でやっていますが、先生のご経験から、何かアドバイスを頂けましたら幸いです。(仮名:高橋)


【石田先生の回答】
◎遊ぶことでさまざまな力が備わる

お便りありがとうございます。

高橋さんのお子さんは外遊びをたくさんする、とても有意義な子ども時代を送っていますね。

とてもすばらしいことだと思います。子どもの頃は本来、そうあるべきではないかと私も考えています。

ただし、アニメやゲームといった周囲の子どもたちの話題についていけなくなるのではないかという心配をしてしまうのも当然のことと思います。

しかしそれについては、私は杞憂に終わるのではないかと思います。

なぜなら、高橋さんのお子さんのような遊びをしている子どもは、そうした懸念を乗り越えるだけの「人間力(人の気持ちがわかる力)」と「免疫力(逆境にあっても乗り越える力)」が備わっていくと思うからです。

こういう言葉があります。

「できる子は、実はよく遊んでいる」

今まで身の周りで、「遊んでいる姿をよく見るのに、なぜかあの子はよく勉強ができる」という子はいませんでしたか?

またビジネスの世界でも、「よく遊んでいる(この場合レジャーや旅行、趣味の活動など)のに、仕事がよくできる」人を見かけませんか?

発達心理学の研究でも、難関大学に合格した子を持つ保護者は、子どもが小さい頃に「思いっきり遊ばせる」「好きなことに集中して取り組ませる」「自発性を大切にした」ということが統計として出ているようです。


◎ぐんぐん伸びる子には共通項がある!

しかし、ただ単純に遊んでいれば、勉強ができるということでは勿論ありません。

ただ遊んでいるのでいいなら、子どもはいつも何かしら遊んでいるので、誰もが勉強ができるようになっているはずですね。

しかし「遊んでばかりいないで、勉強をしなさい!」という言葉が昔から、多くの親御さんの口癖になっています。

今でも「子どもが勉強しなくて困っている」という家庭は後を絶ちません。

私はこれまで塾を経営する中で多くの生徒を指導してきましたが、学校と違い、長期間の成長プロセスを見ることができました。

小学生のときに入塾した生徒がその後、中学でも在籍し、その後どのような大学へ進学していったのかということまで見ています。

そこからわかった「ぐんぐん伸びる子の共通項」がありますので、今回ご紹介したいと思います。

【ぐんぐん伸びる子の共通項】


・小学生の頃に、いわゆるガリ勉をしていない

・遊びはデジタルよりアナログが多い(デジタルな遊びもやってはいるが、中毒にまではなっていない)

・ときに自然と触れ合う遊びをしている

・習い事をしていることもあるが、やりすぎていない(数を絞り込んでいる、また、子どもの自主性を重んじている)

このようなお話をしても、どうしても、「遊び=勉強の敵」という印象を一般的には持たれてしまいます。

いったいなぜなのでしょう? 

私は、「遊び」とは次の5つの要素が2つ以上組み合わさったものであると考えています。
(1)創造的、想像的である

(2)自然と触れ合っている

(3)集団的である(通信ゲームなど、電子的ネットワークを介するものは含まない)

(4)アナログである

(5)肉体的または精神的充足感がある


こういった遊びをすると、どうなるかといいますと、次のようなことが無意識のうちに“学び”として備わってくるのです。
                             その2へ つづく
   
スポンサードリンク








posted by みっちょんパパ at 09:24Comment(0)日記

やる気スイッチを入れるには・・その3

やる気スイッチ、入るかな?

やはり、勉強はできないよりはできたほうがいいですよね。


みっちょんパパです。
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村
ほとんどの親御さんが思っているように・・


子どもの自信にもつながります。


では、高橋さんのようなお子さんで、中学受験を考えていない子はどうすればいいでしょうか。
   
スポンサードリンク




高橋さん曰く、この27年間私は数多くの小中学生を見てきましたが、この10年で特に顕著なのが、「小学校段階で基礎ができていないために、中学1年の授業にほとんどついていけない生徒が明らかに増えている」という実態です。

もっと正確に言えば、勉強ができる子とできない子の格差が年々大きくなっているという事実なのです。


これは統計でも出ていることです。


小学校のときに基礎・基本がしっかり身についていれば、公立の中学校の勉強はスムーズに入っていけるのですが、掛け算の九九もあやしいという子もたくさんいます。


それではもはや中学校の授業は成立しないことでしょう。

20191019114404645.jpg
もちろん、小学校の授業も重要ですが、集団で授業を行っている以上、すべての児童を個別で見ることは現実的には難しいことです。


ですから、家庭においても最低限のフォローはしておかなくてはなりません。

インターネット学習塾を利用するのも手かもしれません。


◎「朝飯前」にドリル学習が効果的

私がいつも推奨しているのは、ドリル学習です。

できれば朝、学校へ行く前に30分でやってしまう習慣をつけるとよいでしょう。いわゆる「朝飯前」というものです。


朝飯前ですから、多少早く起きなくてはなりません。


ということは、夜は早く寝なくてはなりません。


正しい生活習慣も身につきます。


そしてドリルは、最低限、計算ドリル、漢字ドリルを1枚ずつぐらいはやりたいものです。


運動における「筋トレ」みたいなものです。

(習慣化が難しい場合は、「子ども手帳」を使って習慣化させてみて下さい。


また、前回記事で中学校になったらドリル学習のみでは足りないという記事を書いていますが、小学生のうちのドリル学習は非常に有効です)


遊びで「普遍的基礎力」をつけ、ドリルで基礎学力を身に着けていくことで、その後の中学、高校への準備ができると思っています。


もちろん、それ以上の勉強をすることも問題ありませんが、基礎・基本をコツコツと地道にやることが、勉強ができるようになる「王道」です。

今はインターネット学習塾もありますからね。


是非、高橋さんのお子さんは今の生活のよさ、外遊び主体の生活は続けつつ、勉強など気になる点については、このように補強されてみてはいかがでしょうか。


きっと、ぐんぐん伸びる子になっていくでしょう。

うちでは、タブレットによる勉強に決定しました。

   
スポンサードリンク







posted by みっちょんパパ at 09:56Comment(0)日記

モリンガの効能を確かめてみたい。

モリンガの効能を確かめてみたい。

スーパーフードの呼び名で栄養たっぷりのモリンガを試してみようと思った。


いつもだと、実際に育ててみてから始めるのですが熱帯果樹等に栽培スペースを占領されていて、越冬の為に室内取込はもう無理な状況なので・・。


早速、ヤフオクでモリンガを検索。
20190929085413289.jpg

パウダータイプを落札しました。

みっちょんパパです。
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村
美幸の中学受験も日に日に迫ってきます。


健康を気にしながら、仕事頑張らねばなりません。


そのためにもスーパーフードの助けが必要です。


まずは水に溶かして、どんな味なのか・・


小さじにたっぷりてんこ盛り。


水はコップに半分くらいにしました。


かき混ぜて、かき混ぜて・・


そろそろいいかな?


ぐっいっとひと飲み・・


う~ん、抹茶ぽいかな。


渋みや苦みはあまり感じませんでした。


これなら、続けられるかも。



スーパーフードと云われていても飲み続けられないと効果もわかりません。


まずは便秘解消ですね。



昨晩1杯飲んだだけで今朝、お通じがありました。


モリンガ100g中で40gほどが植物繊維でこの量はトップクラスとのことですよ。


まずは腸内環境の改善ですね。


そして、次に期待しているのが必須アミノ酸9種類すべて含んでいるので動物の肉や脂肪を食べなくてもモリンガだけでもバランス良くアミノ酸を摂取できますね。


豊富な栄養素を備えたモリンガなので数々の効能があるのでしょうが、私が一番モリンガに着目したのはβカロチンを大量に含んでいることです。



モリンガには大量にβカロチンを含んでいるので抗酸化作用が期待されます。


このβカロチンですが白内障にも効くし、粘膜を強くしてウィルス撃退につながる様です。


まだ、飲み続けている訳ではありませんので、あくまでも期待値なのですが・・(笑)


とりあえず、朝・晩と飲み続けて体の変化。


白内障への効果。


疲れにくい身体になっていくのか?


楽しみにしてます。



今朝は牛乳と蜂蜜とモリンガパウダーをよーく自分でシェイクして飲みました。


今夜は豆乳と蜂蜜とモリンガパウダーのシェイクですね、(笑)
   
スポンサードリンク




奇跡の樹、モリンガに関してはいろいろな情報があふれているので、自分で試して個人的な結果ではありますが参考になるように記事を追加してみたいと思ってます。
posted by みっちょんパパ at 09:02Comment(0)日記

汗の悩み体臭は、これで一気に解決しました。 

汗や体臭はこれで一気に解決しました。



和喜の汗の量が半端ない!

今日の話題は、汗。

この汗って、ほんとうにやっかいですよね。

みっちょんパパです。
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村


和喜は「多汗症」と言えるかどうかわかりませんが、すぐに汗をかいてしまうタイプで、汗臭い状態になってないか常に気になっていました。

ママに相談してみると、結構同じ悩みの方も多いようで、特に女性の場合だと、汗でメイクが落ちてしまうというのが、やっぱり一番切実な問題のようです。

男の子の場合は汗臭さ・・かな?

でも実は実は…、これらの悩み、今ではなんとすっきり解決しているのです!

今回は、解決へと導いてくれた救世主のこと、書いてみようかなと思います。



その救世主は、制汗対策薬と呼ばれているジャンルの商品です。

その名はCertainDRIエクストラストレングスソリッド。

脇用の制汗剤です。


有用成分であるセスキクロロAl水和物の働きにより、72時間、有用性が持続するよう設計されています。



72時間効いてくれているとうれしいですね。





汗が気にならなくなる→汗臭さ解消♪

CertainDRIエクストラストレングスソリッド、これ一つでもう汗対策はバッチリになりました。



特に夏の外出の時は、いつも脇の汗が気になって・・

この制汗剤に出会って、何といっても自分の行動に自信が持てるようになったのが、一番大きいかもしれません。

汗の臭いが気になる方や、多汗症に悩んでいる方!

これらの対策には、CertainDRIエクストラストレングスソリッドがおすすめです。

もちろん、用法はしっかり守ってくださいね!

posted by みっちょんパパ at 00:07Comment(0)日記

男性型薄毛症や前立腺肥大に有効な「デュタステリド」含有のアボダートジェネリックを発見!

あのAGA(男性型薄毛症)や前立腺肥大に有効な「デュタステリド」含有のアボダートジェネリックを発見!


私の様な男性型薄毛症中年戦士のご用達!?

育毛戦士を支えるデュタボルブ

育毛戦士として活躍するようになり、早何年でしょう?年齢から逆算すると結構早いうちに薄毛・抜け毛に悩んでいたのが、ばれてしまいます(笑)

みっちょんパパです。
にほんブログ村


さて、私の育毛史はそれなりに長く、今までミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドと使用経験がありますが、現在使用しているのがデュスタステリドです。

なぜなら、デュタステリドが一番私に合っていたからです。

デュタステリドといえば、「アボルブ」が本家。

その後幾つかのジェネリックがでましたが、私が最近から使用し始めているのが、「デュタボルブ」です。そしてこれからも私の育毛戦士としての活躍を支えてくれるのは、デュタボルブであると思います。


◎なぜ、デュタボルブなのか?
さて、ここでデュタボルブの使用にいたるまでの経緯なんかも話していきたいと思います。

どんな治療薬であれ、重要なのは効果はもちろん、もう一つは副作用の有無。効果があって、副作用が少ないということが最も重要です。

そして私にとって効果も副作用の少なさも備えていたのがデュタステリドでした。

育毛を始めた頃、まずミノキシジルを含むローションから始め、その後ミノキシジルとフィナステリド含有のフィンペシアを同時に使用するようになりました。


使用開始をしてから1年が過ぎた頃にはかなりの効果が実感できていました。


よって、このままその2つの使用を続けていこうと思っていましたが、デュタステリド含有のアボルブがとにもかくにも気になっていたので、アボルブを試すことにしたのです。

アボルブの有効成分・デュタステリドの特徴は育毛戦士の方ならすでに知っている方もいると思いますが、1型も2型も阻害するということ。


少し詳しく説明すると、AGA(男性型脱毛)の原因となるジヒドテストステロン(DHT)の生成に関与する5α還元酵素の働きを抑制することが育毛では重要となります。

そして5α還元酵素には1型と2型があり、2型のみを抑制するのがフィナステリドで、1型も2型も抑制するのが、デュタステリドということになります。

そして、デュタステリドには、もう一つ大きな特徴があり、性機能障害に関する副作用が少ないということなんです。


実際にアボルブを使用して感じたことは、今まで以上に効果を感じることができ、精力減退などの副作用をあまり感じないということでした。


そして、ここ最近から使い始めているのが前述したとおりアボルブのジェネリックであるデュタボルブ。ジェネリックなので価格が安く、効果も同じなので、当然デュタボルブを愛用するようになったのです。


育毛戦士にとって不可欠な第3の要素とは?
育毛戦士として活躍していくために重要なのは効果や副作用の有無もそうですが、やはり価格というのも第3の要素として重要となります。


なにせ継続して使用していかなくてはならないので。


それとなんといっても育毛の治療薬は色々とあり、それぞれ自身に合った治療薬で育毛をしていくことが重要です!


さあベテランの育毛戦士の方も、これから育毛戦士として活躍したい方も皆で、一緒に戦っていきましょう!!!
posted by みっちょんパパ at 00:04Comment(0)日記
広告