日本山人参(ヒュウガトウキ)の効能、体調が改善するのか試してみます。・・その2





日本山人参ヒュウガトウキ)で体調改善するのか試してみます。

効能はどうだろ?

日本山人参ヒュウガトウキ)のお試しセット30錠というのを試してみます。

アマゾンで720円でした。(笑)
20171119183615402.jpg
三善農園 日本山人参お試しセット30錠(販売は柳商オンラインショップ)
1週間で30錠なので1日4錠くらいですね。

みっちょんパパです。
たまにはポチッと応援してね↓ 
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村


日本山人参ヒュウガトウキ)の栽培もしてみたいのですが、その前に効能をもう少し突っ込んで調べてみました。


① 高血圧の抑制作用:最近は手首に巻くタイプの血圧計を買ったので、少し時間があると良く測ってみるのですが、まったく安定しません。病院から2種類の錠剤を処方されて飲んでいますが、上が130~180を行ったり来たり。

季節によっても、感情の起伏でもわずかな運動でも上がってしまいます。

これに伴って脳卒中・心臓病にも影響していくようです。

ヒュウガトウキにはノルアドレナリンの作用を抑制して、血圧を下げ、細動脈の収縮を抑える働きを持つアンジオテンシン交換酵素阻害物質があることがわかっています。

高血圧状態になった時に血圧を下げる作用があります。



② 糖尿病の予防改善作用:本人がほとんど自覚しないといわれる糖尿病ですが、早く発見しコントロールすることが大切です。

ヒュウガトウキの成分には細胞内でのインシュリンの作用を高める物質があり、糖尿病に改善がみられたことが発表されています。



③ 慢性炎症の抑制作用:最近の研究では脂肪細胞の肥大、自己免疫疾患などが慢性炎症に大きく関与していることが明らかになり、その対策が急がれています。

 慢性炎症が原因とされるのはメタボリックシンドローム・肥満・動脈硬化・心不全・アルツハイマー等々。
  
急性・慢性の炎症が起こる機構としてはアラキドン酸カスケードが考えられ、アラキドン酸から5-リポキシゲナーゼによって、ロイコトルエンB4やC4が生成されると平滑筋の収縮、血管透過性の亢進などが起こり、その部分に炎症反応が起こります。

  ヒュウガトウキにはこのロイコトルエンB4・C4の生成を抑制する作用が証明されています。

  慢性腎炎を抑制する働きもあります。



性機能の活発化:男性の場合25歳前後をピークに男性ホルモンである、テストステロンの分泌が徐々に減少していきます。

  女性の場合、40歳後半から50歳代前半の閉経後に女性ホルモンである、エストロゲンの分泌が急激に落ち込んでくるために更年期症状を引き起こします。

  動物実験でヒュウガトウキを投与した群では睾丸中の男性ホルモンの量が増加したので男性の性機能を活発化する物質があることがわかってきました。

閉経後の女性がヒュウガトウキの飲用で生理が再開したという例も多く見られています。



⑤ ガン予防:無制限に増殖を続ける異常な細胞が発生すると、これが正常な細胞活動を阻害し、死に至らしめる可能性が高いガン(悪性腫瘍)細胞とよばれるものです。

  微小なガン細胞が1cm(初期ガン)に達するには10~20年掛かるといわれています。

この微小ガンは誰の体内にも存在し、免疫システムが正常に働いているうちはガンに進展しない段階で除去されています。

しかし、さまざまな発がん物質の影響によって正常細胞がガン化してガンが発生します。


ガン細胞が生体内に発生すると、ガン細胞から毒素である『トキソホルモンL』という物質が分泌されます。
ヒュウガトウキの水抽出液がこのトキソホルモンLの活性を阻害することが確かめられました。

動物実験ではガン細胞を消滅させる作用があるNK細胞が増加することも確かめられています。

他にもアレルギー障害に有効であったり、動脈硬化・肝臓障害の予防改善などのレポートがあります。

医学博士末松俊彦監修:ヒュウガトウキ日本山人参)より抜粋。

さて、これだけ良いこと尽くめなら、試してみるしかないですよね~。

実際に試してみての感想をブログに載せていきます。

今朝、7:00に4錠飲んでみました。

一番タイムリーにお伝えできるのは血圧ですかね・・。

でも、今は降圧剤を飲んでいるから・・

他に変化を感じたらブログに記録したいと思います。


   
スポンサードリンク










この記事へのコメント