オオヒョウタンゴミムシ 飼育中、つぎの課題は産卵。

オオヒョウタンゴミムシまだ飼育中です。

2017年9月16日

台風18号が本州を横断する予報が出てますね。

東京も今は曇り空ですが、昼過ぎから雨になる様です。

19日には附属中の植え付け活動日なので、連休中にさっさと通過して欲しいです。

みっちょんパパです。にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村
今回は現6年生の受験生に向けて学校説明会に来ていただく皆さんに向けての植え付け活動です。

さて、相変わらず可愛がっているオオヒョウタンゴミムシに関してです。

飼育ケースの半分ほどに赤玉土の小粒をさらに押しつぶしていれ、その上に3cm程の砂を入れて飼育しています。

飼育ケースの右側半分は霧吹きで常に湿らせて、残り半分は比較的乾かして比較すると、
湿っている方に穴をほ掘って生活しています。

渇いていると砂地の為、巣穴がふさがってしまいます。

湿っているエリアは数個の穴が開いたままで、それぞれ自由に出入りしている様に見えます。

夜、出てきては霧吹きでケースに付いた水を飲んでます。

今のところ生餌はミルワームだけです。

砂に頭を突っ込んで探し回ってます。

他にはオオクワガタ用に揃えてあるゼリーで色は赤・黒・白の3色3種。

ゼリーの中で一番、食べてくれるのが白色のゼリーですね。

別件で購入したオオクワガタの産卵用で高タンパク質の大き目のゼリー(黄色ぽい)が
1個あるので、産卵に向けて栄養を取ってもらう為、9月中に食べさせたいですね。

ただ、産卵時期がよく分かっていない為、試行錯誤ですが・・。

オオヒョウタンゴミムシを育てていて、いまのところ、一番食べてくれるのがシラスですね。
20170916080939252.jpg
昨日はオキアミ(小さなエビ)の半乾燥したものを与えましたが、数匹が食べたり巣穴に引き込んだりしていましたが・・。

シラスの方が明らかに喜んで食べている様に見えます。

オオヒョウタンゴミムシが元気で食欲があるうちに魚の切り身や豚肉・牛肉・・試してみたいですね。(笑)

この先、産卵や産まれたての幼虫への対応も考えておかないといけませんね。

クワガタ用の高たんぱくゼリーを用意しておいた方がいいのかな?

まぁ、そこまでこぎ着ければ、大成功ですね。

オオヒョウタンゴミムシ飼育、いつまで続くかな・。

スポンサードリンク









この記事へのコメント