東京に住む40代以上の方、成人病対策にアボカドの巻。

成人病対策アボカドがお勧めの理由。

コロナの収束はまだ先かな~。

仕事を終えて、室内に取り込んだ熱帯果樹の鉢植えをチェック。

寝る前のひとときに何気なく、くだものの栄養成分表(100gあたり)を見ていた。

成人病予備軍みっちょんパパです。
ポチッと応援よろしくね↓
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村


水分だけかと思っていたスイカ。

ビタミンやカリウムも結構入っているんですね。

塩分排出効果のあるカリウムが入っているのはうれしいですね。

このカリウムの含有量で見ているとアボカドが相当な数値です。


スイカが100gあたり120mgに対し


アボカドは720mg


こ、これはスゴイ!

ビタミンEなどの各ビタミン、鉄、リン、タンパク質2,5gや脂質18,7gと記載されていました。


アボカドを育てたことが無いのですが、スーパーでは何種類か見たことがあります。


いつも大き目で黒ずんでいる(すぐ食べたいので)のを購入しています。


個人的にはブロック状に切って、ご飯に乗せ、わさび醤油を掛けてアボカド丼にして食べるのが好きです。

アボカドも外皮に近い部分にある緑が濃い部分が特に栄養が多いので本当はスプーンでここの部分はすくって食べたいですね。

アボカドの大きいヤツは1個まるまる食べきれない時は半分にカットして、種の付いてない方を先に食べます。


種を付けたままの方はラップで包んで冷蔵庫へ・・果肉が黒くなりづらい様です。


なんだか、熱帯果実(フルーツ)ぽく無い味ですよね。


フルーティーとは言えない果実。


ただ、ギネスブックには「世界一栄養価の高い果実」と紹介されています。


脂肪分にしてもリノール酸などは不飽和脂肪酸が主なのでコレステロールを減らす作用のあり、高血圧・動脈硬化予防に役立つと・・。


これは40代以上の成人病予備軍の食生活に欠かせない一品ですね~。


ただ、成分表にも記載されているが1個あたりのカロリーが187キロカロリーと結構多めです。


そして、産地によって含まれている脂肪酸の含有量が違うようです。


もっとも脂肪酸が多いのがアメリカのカリフォルニア産で17%


これに対しフィリピン産のアボカドは6%ほどで比べるとかなり低めですね。


成人病予備軍としてはフィリピン産を選ばないといけませんね(笑)


私の熱帯果樹のコレクションの一つに加えたいですが・・。


これ以上増やせない状況なので、改善するまでは我慢ガマン。



この記事へのコメント

広告