海外版リステリン?日本版と違ってフッ素入りだよ。口内炎にもバッチリさ!

海外版リステリン?日本版と違うの?

ふとしたことから知った海外版のリステリン

日本版とはまったく違うって皆さん、ご存知でしたか?



みっちょんパパです。

にほんブログ村

口臭予防として、日本版のリステリンを長年愛用してきた私には、これが結構驚きで、「おいおい、同じじゃないんか〜い。」となんど突っ込みしたことか。

なんとなくのイメージですけど、日本版のほうが良さげな感じしませんか?

買い被り過ぎといわれてしまえばそれまでなのですが、メイドインジャパンを信用していたので、これまで海外版を意識したことがなかったのです。

ところが、ところが!(笑)

なんでも日本版には、フッ素という成分が入っていないらしい。

フッ素?なんとなく聞いたことあるような気もするけど、たいした違いはないのでは?とおもっていたら大間違い。。。

以下、海外版のみ配合フッ素の二大効能

1. 虫歯菌を殺菌
2. 虫歯に対し歯をコート

あらま~。

メチャクチャ大事な成分じゃないですか。確かに日本版のリステリンには、虫歯菌を殺菌するとは書いてない。

ちょっと驚き。口臭にも効いたとしても、虫歯菌を制するにはフッ素が必要ってことなのね。

たしかにね~。



口内炎にもリステリンは使える。

この出会いによって、当然、私は海外版リステリン使いになったわけですが、この一連の流れによって、さらに学んだことがありました。

調べれば調べるほど出てきたのが、このリステリンのちょっと意外な活用法。それが、なかなか便利なものばかりでしたので、今回はそのご紹介をしたいと思います。

まず、意外な活用法として、個人的に一番おすすめしたいのが、口内炎への適応!

口内炎は、口の中にいる雑菌のせいなので、リステリンはまさに適役らしいのです。

私も先日、試してみましたが、次の日には消滅!リステリンの強烈な殺菌力で細菌をやっつけてくれたようです。

また、口内炎治療で有名なチョ○ラBBと併用するとさらに良いみたいです。それも今度試してみたいと思っています。


歯ブラシ除菌にも使えるリステリンは神。

続いての意外な使用法としては、おすすめなのが歯ブラシ除菌。

一般的に歯ブラシは、月に一度は交換すべし、なんていう都市伝説がありますが、月1どころか、実はたった1回使用しただけで、細菌の繁殖は始まっているらしいのです。

そこで、このリステリン。強い殺菌力でブラシの細菌でさえも撲滅してくれます。

元々口にいれるものなので、安全性に関してもなんら心配することはありません。

使い方も簡単で、リステリンと水をいれたコップに歯ブラシを数分間浸すだけ。

リステリンと歯ブラシ、どちらも洗面台にあるもので除菌できるのは、とても手軽でありがたいです。

さあ、海外版リステリン、日本版と違ってちょっと興味沸いてきたでしょう。

海外版ならではのフッ素入りで、虫歯菌殺菌!口内炎にも!歯ブラシ除菌にも!

1本用意するだけで、多彩な役割をしてくれる頼もしい味方です。

この他にも、リステリンには様々な活用法が発見されているようです。驚きの活用テクニックがあるようなので、ぜひ、検索してみてくださいね!

この記事へのコメント