オオクワガタのペアリング。

オオクワガタペアリング、今朝やりました。

天気も良く、風が気持ちのいい朝です。

去年、成虫になったオオクワガタ

そして、一昨年成虫になったオオクワガタ

一昨年のオオクワガタ同士は1度、ペアリングを成功させ産卵まで行っております。

みっちょんパパです。
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村
今は、菌糸ビンの中でさなぎになっている頃ですね。

全部で7本あります。

7月の初めごろには成虫になっていると思います。

新成虫にはゆっくりと休んで頂くため、雄・雌をくってけてペアリングすることはありません。

スポンサードリンク







今回は去年成虫になったオオクワガタと一昨年のオオクワガタとのペアリングを致します。

2令幼虫で阿古谷産・長野の白馬村産能勢産を購入したものです。

うまい具合に5カップルできます。
20160603145435910.jpg
20160603145445694.jpg

今回のペアリングはこの産地の混血になりますね。

1~2週間、一緒にいて、相性が悪くなければ大丈夫だと思います。

ケンカしないように昆虫ゼリーもたっぷり与えておきます。

蛋白源を考え中なのですが、ナミハンミョウの餌用に保有しているワームでもいいかな?

1匹だけ入れて様子をみようかな・・。

7月初めにはメスを取り出して、産卵用のカットしてあるクヌギの木と一緒に飼育箱に入れて様子を見ます。

産卵痕があるようなら成功ですね。

スポンサードリンク







良くわからなくても、8月中にそのクヌギをそっと削りながら、孵化した幼虫を採集します。

今年はマットでの飼育にチャレンジしてみようかな・・。

でも、菌糸ビンでの大型化がクセになりそうで・・。

まぁ、今のうちに考えておきます。

そういえば、ナミハンミョウの幼虫も穴を開けてまっているのがいなくなりました。

恐らく、サナギの準備にかかっていると思われます。

あと、1ヶ月ほどすると日本最大で綺麗なナミハンミョウの成虫が現れるのでしょうか?

楽しみの1つでもあります。

ナミハンミョウの飼育方法が何となくわかったような気がします。

なんて、まだ1回しか経験がないんですけどね。(笑)

本当は全部、自然に返してあげたいですけどね。

次は熱帯果樹用栽培スペースにナミハンミョウの繁殖スペースを作って、自然に近い状態で増やしてみたいですね。

昆虫ハンターのナミハンミョウが栽培スペースの植物を害虫から守ってくれれば、殺虫剤もいらなくなるのにね。

ハハハ、あとは七星テントウムシがいてくれたら完璧かな?(笑)

いつかは自分の土地で試してみたいな~。

スポンサードリンク








この記事へのコメント

広告