1日、何時間も勉強する必要はないよ。集中力アップの方法だよ。

集中力を身に付けて、何時間も勉強する必要はないよ。

30分だけでも集中して勉強することが大切なんだよ。

まぁ、勉強だけでなくスポーツも一緒だよね。

みっちょんパパです。

にほんブログ村


集中力があるかどうかで、何事も結果は全く違ってくるよ。

短時間で効率よく作業や勉強を進めるためには、集中力が必要不可欠。






そこで、知っておきたい集中力アップのための5つのコツだよ。

その1:まずは目標設定!
目標も無く闇雲に取り組むのでは、集中力を発揮するのは難しいですよね。

そこで、まずは目標を設定するところから始めてみようね。

この目標を立てる際のコツは、いきなり大きな目標を立てるのではなく、クリアしやすい小さな目標を立てていくことだよ。

分かりやすい小さな目標を設定することで、終わりが見えるので、高い集中力を維持しやすくなるというわけだね。

その2:休憩も大事!
長時間集中し続けるというのは、大人でもできることではありません。

小学生の集中力は、1年生で約20分、高学年になる頃には50分程度と言われています。

このくらいの時間が経過したら、10分程度の休憩をとろうね。

休憩の際には、体をぐっと伸ばしてストレッチをすると、リフレッシュしますし、血行が良くなり集中力を高めやすくなるよ。

また、脳を使うことで糖分が消費されるので、少し甘いものを摂取するのもOKだよ。





その3:睡眠時間を確保!
どんなに楽しいことでも、眠くてたまらない時には集中なんてできませんよね。

適度な睡眠をきちんととっておくことは、昼間の集中力を維持するのに重要なポイントです。

3~5歳の子供なら10~13時間程度、6~13歳なら9~11時間、14~17歳なら8~10時間程度の十分な睡眠をとるようにしようね。

まぁ、これは大丈夫だね。(笑)

どうしても眠気が出てきた時には、ガムを噛むと目が冷め、集中力がアップします。

その4:音楽を流す
BGMは一見、集中する際に邪魔に思えますが、選び方で集中力アップ効果を発揮します。

どうしても頭に入ってきてしまう歌詞のある曲ではなく、静かなクラシックがいいみたい。

その5:インテリアを変える
インテリアに青や水色など寒色系を用いると、リラックス効果が得られ、精神的に安定すると言われているよ。

集中力アップにも役立つので、勉強をするための部屋は寒色系のインテリアを積極的に取り入れてみよう。

スケジュールに追われる毎日だからこそ、短時間で集中して勉強やスポーツに挑んでみようね。

ハハハ、東京大学でもハーバード大学でもOKさ~。



この記事へのコメント

  • 美幸

    やったー                     勉強しなくてすむ~!  ていういみ?
    2016年07月23日 12:29