入学して1ヶ月、もうすぐゴールデンウィーク。これが終わると・・。

入学して1ヶ月、もうすぐゴールデンウィーク。これが終わるとね~。

ゴールデンウィークにたっぷりと休んだ人が、「会社に行くのが嫌だ……」と憂鬱になることを「五月病」と呼びます。

しかし、五月病は社会人だけに現れる症状ではなく、実は学生でも「学校に行きたくない・・」症状に苦しむケースが多いもの。

特に高校1~2年生に多いんだって。

みっちょんパパです。

にほんブログ村

和喜の場合も中学生だけど受験生だったからあてはまると思うよ。





五月病って・・・ 症状は?

大学に入りたての学生や、新社会人に5月ごろに多く見られる「五月病」。

新しい生活に夢中でいる間はいいが、それがひと段落する5月ごろに、知らず知らずのうちに蓄積されていた心身の疲れや、新しい環境や人間関係などについていけないストレスのせいで、やる気が出ない、ふさぎこんでしまうなどの状態になることを指すんだって。

鬱みたいだね。

「新しい環境に適応できないこと」が五月病の原因になるようです。

4月から入学した学校で友達ができない、クラスメイトになじめない、そのような状況に苦しんだとき、ちょうど5月の連休明けごろに「学校に行きたくない……」という気持ちが芽生えるんだって。

五月病になると、以下のような症状が現れるようになります。

・原因が分からない倦怠感
・食欲がなくなる
・何をするにも集中できない
・眠れない

五月病になりやすい人はこんなタイプ

五月病になりやすい人の性格には、傾向があります。

・責任感が強い人
・理想が高い人
・真面目、生真面目な人

真面目な人ほど、誰から頼まれたわけでもないのに、「やらなきゃ……やらなきゃ……」と、責任を自ら背負い込んでしまうからね。

そして、理想の高さがネガティブに作用して、クラスになじめないことや、友達ができないことに苦しんでしまう。

自分の真面目さを自覚することは難しいものですが、少しでも自覚のある人は、学校生活の理想と現実のギャップにストレスを抱え込まないように注意する必要がありよね。





じゃあその、予防と対策だよ!

入学から1カ月ほど経過して、原因不明の倦怠感に襲われたときはすぐに対策を、そして生真面目な性格を自覚する人は、早めに以下の予防をしておきましょう。

・食生活のバランスを意識して、3食しっかりと食べる
・朝のランニングやウォーキングで日光を浴びる
・家族や友人とのコミュニケーションを増やす

例えば空腹時にイライラしてしまうように、栄養の偏りはメンタルに大きな影響を及ぼします。倦怠感や不眠に襲われたときほど、規則正しい食事を心がけましょう。

また、汗をかくことで気分をリフレッシュすることができますので、運動でストレス解消をすることも大切です。

早朝のウォーキングやランニングは、汗をかくことと同時に、日光を浴びられるメリットがあります。

日光を浴びると脳内のセロトニンが分泌されて、快活な気持ちになることができます。

そして、気分が落ちこんだときほどコミュニケーションを増やすことも重要です。

クラスに友達ができない場合は、幼なじみ、家族、兄弟でもOK。気持ちが引きこもりそうになったとき、ただ話を聞いてくれる存在を大切にしましょう。

そして、友達を作るためにはまず挨拶が基本です。

挨拶はコミュニケーションの基本となる部分です。

小さなことかもしれませんが、教室に入る際や隣の席の友達に挨拶をすることから始めてみてはいかがでしょうか?

大切なのはどんな小さなことでも行動することですよ。

五月病の主な原因は精神的疲労になります。

身体的な疲労は睡眠などで回復することができますが、精神面ではそうもいきません。

もし、思い当たる節がある方は気分転換やリフレッシュをオススメです。

一人で抱え込まず、友人や家族など身近な人に相談してみな。





この記事へのコメント