今日のお風呂掃除係りは誰? 鏡をピカピカにする方法だよ~。





最近、お風呂周りの掃除は子供達が担当することになりました。

うちでのお手伝い教育の一環ですが・・。

みっちょんパパです。

にほんブログ村

食器洗いかお風呂掃除・・。

少しでもママの負担を軽くするのが目的の1つでもありますが・・。

掃除するにあたり、ママから注意事項等の説明・・。

ママはすぐに、漂白剤を使いたがるけど、子供には危険だから、お風呂洗い専門の洗剤でいいよ。

あとは鏡なんだけど・・。

いくら洗っても白いモヤモヤが取れてないよね?

いい方法があるのさ。

それは、歯磨き粉。

研磨効果がうろこ状にこびりついた白い汚れを、磨き落としてくれるよ。

そして曇り止め効果もあるんだよ。





専用洗剤やクエン酸などは、わざわざ買ってこなくてはならないけど、歯磨き粉なら洗面台にあるでしょ。

和喜美幸

すぐ試すことができるので、ぜひやってみてね。

方法は超簡単。

乾いた状態の鏡(蒸気や水滴がついていないほうが研磨効果が高まります)を、乾いたぞうきん、もしくは乾いたナイロンたわしに歯磨き粉を適量つけたもので磨き上げるだけ。

最後にシャワーでよく洗い流したら、水滴を拭きあげて完了。

鏡はどんなにピカピカになっていても、入浴中は蒸気がつくことで見えなくなるでしょ?


これを防ぐための曇り止めヒーターがついている鏡もあるけど、多くの場合は、蒸気をシャワーで流したり、手でぬぐいながら見るしないよね。

乾いた状態の時に曇り止めの専用スプレーを塗布しておく、車のワックスを塗っておくといった方法もあるのですが、どれもわざわざ買ってくる必要がある上、「乾いた状態の時に塗っておく」手間も発生してけっこう面倒だよね。

こうした浴室の鏡の曇りは・・。

実は、歯磨き粉の他にも、カンタンな方法で解決できるんだよ。

使いたい時に、鏡に石けんを塗り付ける。

これだけ。(笑)

これ、銭湯があった時代は、男湯でひげ剃りをする時に当たり前のように行ってきた方法なんだよ。

石けんの界面活性剤効果が、鏡に蒸気がつくのを防ぎ、一時的に鏡が鮮明に見えるようになるんだよ。

バスルームに固形石けんは置いていないという家のあるかもね?

その場合は、ボディソープやシャンプーを適量手にとり、鏡に塗り付けるだけで同じ効果があるよ。

要は、使う間だけ見えればいいので、この方法であれば、うろこ汚れで見えにくくなっている鏡でも、効果はあるんだな。

忙しくてなかなか鏡の掃除まで手が回らないという人は、入浴時にこの方法を繰り返していくだけでも、鏡の汚れは徐々に改善していきますよ。

ボディソープを手で直接鏡に塗るのは抵抗がある、と思う人は、プレゼントでもらった小さな石けんや、旅先のホテルの想い出として持ち帰った石けんがあったら、曇り止め用として使ってみてもいいかも。(笑)


簡単なので、ぜひ試してみてね!






この記事へのコメント

広告