一才ヤマブドウ:濃厚ブドウジュースが飲みたい!

濃厚ブドウジュースが飲みたい!

ブドウを育てたいけど、ネットで見る限りでは難しそうです。

野生に近いヤマブドウなら・・ちょっとは楽かな・・。

たまに、スーパーで売っている各種フルーツジュースの中で、やっぱり1番美味しく感じるのはブドウジュースです。

グアバジュースも好きでいつか自分で作りたくって果実の赤系・白系1本づつ育てていますが・・

今回は先日、ヤマブドウの小さい苗を購入したので、忘備録として・・
20170705094749376.jpg
本来はオス・メスの苗を近くに植えて受粉しやすくするようですね。

みっちょんパパです。

にほんブログ村


私がネットで購入したのは1本でも実を付けやすい・・一才ヤマブドウとのこと。

説明文では・・

山野に自生していた山葡萄のなかから、優良品種を選抜したもの。育てやすい品種です。小ぶりの黒っぽい実がなり、野趣あふれる姿となります。

自家結実性があり1本で結実します。鉢植えでも栽培できますが、大きくしたい場合は露地植えにしてぶどう棚に誘引したり、フェンスやトレリスにからませてください。

挿し木や取り木で増殖できます。

耐寒性はありますが、乾燥に弱いので水遣りは表面が乾いたらたっぷり与えて下さい。土質は特に選びません。

と、ありました。

カシスやハスカップの様に北方果樹の様です。

北国の方がヤマブドウの実が大きくなる様です。

熱帯果樹では冬に室内取り込みという大仕事が待っていますが、屋外で自然越冬できると、とても助かります。

今回、購入した苗は40cm程の小さなものですが、すぐに8号鉢へ移植して早2週間。

台風3号が通過して、栽培スペースを確認してきました。

大雨の影響でたっぷり水を吸った果樹達がどれも一回り、大きくなっている様な気がします。

昨日まで葉がシオシオになっていたライチは赤茶色した新芽もピンと張って、緑色がかってきました。

明日から又、暑い日が続く様ですね。

体調を崩さないように頑張りましょう!

スポンサードリンク









posted by みっちょんパパ at 09:40Comment(0)日記
広告