不老長寿の実,ハスカップ(ハニーベリー:大実品種)購入。

不老長寿の実といわれるハスカップを購入しました。

東京で育てられるのか・・?

(写真後ろはタマリロ)
20170703100945126.jpg
特に熱帯果樹が多い、我が片隅栽培スペース。

みっちょんパパです。
にほんブログ村


アイスクリームバナナ・アテモヤ・シャカトウ・チェリモヤ・マメイアップル・グアバ等。

冬に事務所に引き込む為、そろそろ数に限界が(笑)

冬でも外に出しっぱなしでOKな果樹にしないと・・

そこでカシスと同じ、比較的冷涼な地域で栽培されている果樹を探してみました。

カシスは立派に成長し、果実収穫後、剪定しその枝を挿し木にしてみました。

梅雨の合間の晴れですが、今日は35度になるとの予報が・・

そんな中で目を付けたのが『ハスカップ

北海道の先住民族であるアイヌの人達はこの実を「不老長寿の実」として崇め、 ハスカップの名も、アイヌの言葉で「枝の上に沢山なるもの」を意味する“ハシカップ”に由来しているそうです。

この北国の果樹、カシスの様に東京で育てられるかな?

ネットで販売店を探し早速購入。

販売店の説明は以下の通り。

日当たりの良い場所を好み、極端な乾燥地を除き特に土壌を選びません。寒さにはたいへん強いのですが、夏の暑さは苦手なので西日のあたらない場所に植え、夏の間は乾燥させないように注意してください。

庭植えの場合は植付け時に腐葉土や堆肥をすきこみます。鉢植えの場合は大き目の鉢に植え、株のまわりに置肥をします。

乾燥させないよう、夏の間は毎日水やりするとよいでしょう。年一度、春先に緩効性肥料を追肥してください。

挿木または株分けにより殖やすことができる様ですね。

スポンサードリンク








※苗についている生産者ラベルは定形のものを使用している場合があり、結実には異品種2本が必要と記載がある場合がございますが、この商品の親木は生産者の圃場で1本で結実しており、1本でも結実する可能性はございます。

より実付きをよくするためには、他品種を植えると結実の可能性が高まります。

と・・

そっか、他品種との混植が良いみたいですね。

まぁ、初めてのハスカップなので1本が無事に成長していくのを確認したらもう1本増やしましょう。(笑)

午前中だけ陽に当てて、午後は日陰で涼んで頂きましょう。

エアコンを使う日は部屋に入れて涼ませていいのかな?

早朝暑くなる前に・・栽培スペースに行ってチョット作業。

マメイアップルの鉢増し。

イチゴの幼苗を肥料入りの鉢へ植え替え。

天下一ボケの脇枝から根が出ていたのをポット苗に移植。

ジャックフルーツの鉢の雑草抜き。

上手く取れないので、鉢から引き抜いて雑草刈り。

チョット雑な扱いでゴメンネ。

ジャックフルーツも挿し木苗が作れるか挑戦してみましょう。

これから暑い日がつづきそうなんで・・。

スポンサードリンク









posted by みっちょんパパ at 09:47Comment(0)日記