6月にセイヨウニンジンボク(西洋人参木)の挿し木に挑戦 No1

6月でもセイヨウニンジンボク(西洋人参木)の挿し木は可能? 

栽培スペースにある鉢植えのセイヨウニンジンボクは近所のおばさん達が楽しみにしている花木です。
20170618092844471.jpg
これから夏の間に次々と青紫色の小花を穂状に咲かせます。

地植えすると3mを超えてしまいますが、鉢植えなら1~2m程で収まります。

私の住む、関東地方の暑さ寒さにも強く、特にこれと云った害虫もついたこともありません。

みっちょんパパです。

にほんブログ村
葉も種も漢方薬っぽい香りが・・

種をコショウの代わりに使ったり、婦人系のハーブとして使われることもあるそうです。

私の場合は花後の果実(種)を蒔いて育てたのですが・・

成長も結構早く、樹形も自然に整うので扱いやすい花木です。

このセイヨウニンジンボクを欲しがる方も多いので、それならと・・。

挿し木も可能な様なので、今年初めて試してみようと思います。

ネットでは3月頃に前年に伸びた枝を用いるか、9月頃に本年伸びた枝を用いるとのことですが・・

今は6月(笑) 実験ですね。

今年伸びた丈夫そうな枝を3本ほどと木質化した昨年の枝から1本。

カットしていつものオオクワガタ幼虫用菌糸ビンの使用済みを洗って、水を入れたものに挿し穂を浸けておきます。
20170618092931425.jpg
今日は1日、水に浸けて様子を見ようと思います。

でも・・写真を撮りに行くと早くも元気が無い感じ。

やはり、まだ早いのか・・。

スポンサードリンク








posted by みっちょんパパ at 09:21Comment(0)日記
広告