眠れない夜。 足のほてりかな・・

まだ薄手の毛布が必要な朝方。

老後のことを考えると寝付けない時もあるんですよね~。

若い頃には、毎日の鍛錬で、足だけ火照ってしまってなかなか寝付けないこともあったけどね。

みっちょんパパです。
にほんブログ村

梅雨時で自律神経が乱れやすいこの季節、ぐっすり眠るためにも今回は予防法と解消法を調べてみたよ。

スポンサードリンク








◎ 足が熱くて眠れない原因

①、重度の冷え性の場合

触ると冷たいのに足先が熱く感じるのは、中に熱がこもっている状態です。

人は眠ろうとするときに深部体温を下げようとする力が働くのですが、血行が悪すぎて循環せずに足先に熱がこもり「火照る」んだって。

普通の冷え性の血行が悪くなって、血流が滞り「冷える」よりも重度の冷え性らしいよ。

スポンサードリンク








②、自律神経の乱れかも・・

体温を調節する働きを持つ自律神経が乱れていることも考えられます。

③、ホルモンバランスの乱れ

更年期に見られるホットフラッシュの症状ですが、若年性更年期も増えています。

生理不順やストレス、不規則な生活などで、ホルモンバランスが乱れている可能性も考えられます。

④、むずむず脚症候群

むずむず脚症候群は、ほてる、むずむずする、針で刺されたような感覚があり、脚を動かさずにはいられない症状の病気。

鉄分欠乏症の方や妊娠中の方、またパーキンソン病や、足先の神経に何かしら障害が起こっている方に症状が出るようです。

◎足先が熱くて眠れない時の予防法と解消法

※ ぬるめのお湯に浸かる
副交感神経が優位に働き自律神経を整えるのに有効です。

38~40℃のぬるめのお湯で、リフレッシュできるような入浴剤を入れるのも良さそうですね。

※ 足裏マッサージをする
血行不良を解消するために足裏を刺激して循環を良くしましょう。
指や足首を丁寧に回すのも、関節がほぐれて血行促進になるようです。

※ 寝る前にストレッチをする
全身の血行がうまく循環するように、体を軽くほぐしてから寝ましょう。

※ カフェイン・アルコール・タバコなどの刺激物を控える

※ 足を高くして寝てみる
心臓に血液が戻りやすいように足を少し高くして寝てみるのも良いそうです。

原因も人によって違いがあり、対処法もいろいろですね。

最近はつま先が冷たくなって、足の火照りはなくなってきてます。

歳なんでしょうか・・(笑)

スポンサードリンク








posted by みっちょんパパ at 20:00Comment(0)日記