西洋蜜蜂は壊滅状態。日本蜜蜂は元気です。濃厚なハチミツが今年も採れるかな?

早朝は霧雨状態でしたね。

今日は日本みつばち西洋みつばちの内検と,としちゃん(実母)の墓参りに行こうと朝、早くから家を出ました。

みっちょんパパです。

にほんブログ村
お昼前には薄曇りになりましたが、予報の20度には達しない感じです。

途中、いつものお蕎麦屋さんで、きざみ鴨汁そばの特盛(3段)をたいらげ、養蜂場へ向かいました。

スポンサードリンク







隣の畑には、木村さんという農業の先生がいます。

その方は毎日、畑に来ているので、秋に大スズメ蜂を退治(バトミントンのラケットで)をと手伝って頂いたり、蜂の様子をみてくれています。(感謝)

そして、とれたての野菜を分けて頂いたりと、とても親切な方なんですが、

その方が、最近あまり(蜂が)飛んでないよ・・と

着いたばかりの私はえっ・・と急いで巣箱を確認しに行きました。

前回2月19日に、内検に来たとき西洋蜜蜂は3群、日本蜜蜂1群が越冬したと喜んでいたのですが、今日の内検で日本蜜蜂1群は元気に飛び回っていたのですが・・。

西洋蜜蜂で残っていたのは1群、それもいまにも滅びそうな・・100匹ほどの群です。

女王蜂は確認できましたが・・(泣)

この群の行く末は・・取り合えず防寒して様子を見るしかないですね。

唯一、元気な日本蜜蜂は巣箱を掃除し有児枠を確認、女王蜂の確認は出来ませんでしたが、雄蜂がボチボチ出てきています。

もう少し、暖かくなったら分蜂が始まりますね。

全滅した西洋蜜蜂の巣枠はまだ、蜜が残っていますが、すべて焼却処分します。

恐らく、ダニのか農薬の影響かと思われますが・・

農薬なら日本蜜蜂も壊滅しているでしょうから、ダニの仕業でしょう。

2月19日の内検までは月桃の枯葉を砕いたものをガーゼの袋に入れて巣枠の上において置いたのですが、効き目はなかったのでしょうね。

ダニ除けに効く、次なるハーブを探します。

そして、日本蜜蜂を増殖しま~す。

今年も濃厚ハチミツが食べられますように・・。

スポンサードリンク








posted by みっちょんパパ at 22:00Comment(0)日記